膝の痛み-原因・症状・治療法ガイドリンク・お問い合わせ・免責サイトマップ


整形外科で治療・リハビリテーション

膝の痛み 膝の痛みとなる病気で最も多いのが「変形性膝関節症」。
整形外科で治療・リハビリテーションを行なって改善します。

スポンサードリンク


変形性膝関節症とは?

関節組織が衰えることで発症する膝の疾患です。
中年以降の女性に多く見られる症状で、年齢と共に患者数は増加します。

◆初期の症状
自覚症状はあまり見られません。

◆中期の症状
軟骨がすり減ることにより関節炎の症状が出るようになります。

『動作時痛』・・・膝を曲げたり伸ばしたりする時に出る痛み
『関節水腫』・・・膝に水がたまり、膝の裏に張ったような感覚が出るようになります。
『可動域制限』・・・膝を動かせる範囲が制限されます。

◆進行期
骨の変形が生じて可動域が更に狭くなります。

膝を動かす度に骨と骨が直接ぶつかり合う為に激痛が出るようになり、外出どころか日常生活がまともに送れなくなることもあります。


変形性膝関節症の治療法

変形性膝関節症の治療法には、「保存療法」と「手術療法」(変形性膝関節症によって生じている障害が高度な場合)があります。


◆保存療法
薬物療法、装身療法、リハビリテーション

◆手術療法
関節鏡視下手術 、高位脛骨骨切り術、人工関節置換術


変形性膝関節症であれば、上記のような治療を個々の状態に合わせて進めていきます。

膝の痛みはある程度の年齢になれば、多くの方が抱える症状です。

しかし、年齢に関係のない原因で膝に痛みが出ているなど様々な状況が考えられます。
ですから、様子を見る前に病院を受診することをおすすめします。

スポンサードリンク


copyright©2010  膝の痛み-原因・症状・治療法ガイド  All Rights Reserved |リンク・お問い合わせ・免責