膝の痛み-原因・症状・治療法ガイドリンク・お問い合わせ・免責サイトマップ


日本人の80%が感じている「関節痛」

膝の痛み 中高年以降になると、加齢、運動、外傷などで関節が損傷・磨耗して、身体の様々な部位に痛みが出るようになります。

この痛みを関節痛と言い、日本人の80%の方が症状を感じていると言われていますが、膝の痛みもその中の一つです。

それでは、膝の痛みの原因についてみていきましょう。

※関節痛とは?

関節は骨と骨のつなぎ目の部分で、長期間動かし続けるとすり減ってきてその周囲にある神経が刺激されるので痛みが出るようになります。これが関節痛で、腰や膝、肩などに現れます。

スポンサードリンク


膝の痛みの原因

●老化

五十肩などの変形性周囲炎、変形性股関節症、変形性膝関節症が老化による関節の痛みの原因です。関節の表面にある関節軟骨が加齢ですり減ることによって痛みが出る症状です。

●捻挫や打撲などの外傷

転んだりすると関節を強く打ったりひねってしまうことがあります。
これにより痛みが出ます。

●関節の炎症

免疫が低下したり、細菌に侵されることで関節が炎症を起こして痛みが出ます。

●骨粗鬆症

骨粗鬆症により関節の周囲に障害が出ます。
それにより痛みが出るようになります。

●スポーツ疾患

スポーツで同じ部位の関節を酷使してしまうと痛みが出るようになります。

●生まれつき関節に障害がある場合


身体を動かすことを止めると逆効果

三大関節痛の一つと言われる「膝の痛み」。
日本人の80%の方が症状を感じていると言われています。

国民病に近い膝の痛みですが、痛みを嫌って身体を動かすことを止めると関節のまわりの筋肉が硬くなってしまって悪循環になります。

整形外科を受診して治療をしながら、関節を動かすことを続けていきましょう。

スポンサードリンク


copyright©2010  膝の痛み-原因・症状・治療法ガイド  All Rights Reserved |リンク・お問い合わせ・免責