膝の痛み-原因・症状・治療法ガイドリンク・お問い合わせ・免責サイトマップ


マラソンで起こる膝の痛み

膝の痛み マラソンで起こる膝の痛みをランナー膝(ランナーズニー)と言います。ランナーズニーは、マラソンやジョギングなど長距離を走ることで膝に大きな負担がかかることが原因です。

この疾患はマラソン選手を始めとする長距離の選手によく出る症状で、膝の関節のまわりにある軟骨や靱帯の組織が損傷することで痛みが出るのです。

スポンサードリンク


ランナーズニーについて

正常な膝であれば走っている時に膝蓋骨は上下に少し動いているだけです。

しかし、長距離を常に走っていることで足が必要以上に回内して膝蓋骨(膝の皿)が内側に引っ張られる形になります。これに対して大腿四頭筋は膝の皿を外側に引っ張ろうと動きます。

このことから大腿骨と膝の皿にズレが生じて、痛みが出るようになるのです。
これをランナー膝(ランナーズニー)と言います。

ランナー膝は、膝関節にまつわる膝疾患を総称したスポーツ障害です。
腸脛靱帯炎や膝蓋大腿関節症などがランナー膝と言われる疾患です。

ランナー膝は治療をしないでいると症状が慢性化します。

「膝に水がたまる」
「膝の関節が変形する」


上記のような症状が出ると、走るどころか歩くことさえままならなくなります。

ランニングをしていて膝に違和感を感じたらすぐに病院を受診するようにしましょう。


ランナー膝を防ぐには?

マラソンやジョギングをした後にはアイシング(水や氷で局所的に体を冷やすこと)や温熱療法を必要に応じて行うようにしましょう。

また、

・筋力強化(大腿筋を強化する)・・・スクワットなど
・足に衝撃の少ない靴を選ぶ


上記のようなことを普段から気をつけておくとランナー膝を防いでくれます。

スポンサードリンク


copyright©2010  膝の痛み-原因・症状・治療法ガイド  All Rights Reserved |リンク・お問い合わせ・免責