膝の痛み-原因・症状・治療法ガイドリンク・お問い合わせ・免責サイトマップ


ランニングによって起こる膝の痛み

膝の痛み ランニングによって膝に痛みが出る代表的な病気は、
「鵞足炎(がそくえん)」「腸脛靭帯炎」があります。

これらは"ランナー膝(ランナーズニー)"と呼ばれるランニング障害です。

スポンサードリンク


鵞足炎(がそくえん)

痛みは膝の内側に出ます。

◆原因

・X脚である
・ハムストリング、大腿四頭筋、股関節周囲筋などの筋力不足
・ランニングの量を急に増やした


腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたえん)

膝関節と腸脛靭帯が擦れる為に炎症が起こる疾患です。
痛みは膝の外側に出ます。

◆原因

・急激にランニングの距離を増やした
・ランニング時に急激にスピードを変えた
・自分の能力を超えたランニングを行なった
・足に衝撃が加わりやすい、すり減った靴を履いている
・不整地を走った
・下り坂を走った
・筋力不足

ランニング障害は、上記のような外的因子の他に、年齢・体型・性別などの内的因子によっても症状が出やすい方もいます。


ランニング障害が出た場合は?

ランニング障害が出た場合は、まず原因特定が最優先です。

症状を軽視してランニングを続ければ日常生活にまで支障が及ぶケースもあります。
できればスポーツドクターがいる整形外科を受診して治療を始めましょう。

また普段から、「栄養管理」・「運動前のストレッチ」・「足に負担をかけないランニングシューズを履いてスポーツする」など病気を予防することも必須です。

スポンサードリンク


copyright©2010  膝の痛み-原因・症状・治療法ガイド  All Rights Reserved |リンク・お問い合わせ・免責