膝の痛み-原因・症状・治療法ガイドリンク・お問い合わせ・免責サイトマップ


日本人の80%が感じている「関節痛」

膝の痛み 膝の痛みの原因は関節がすり減る・損傷しているなどが考えられるのですが、その中でもよく見られる症状「変形性膝関節症」が出ると、以下のような症状が現れます。

※変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症は筋力の低下、膝の軟骨ががすり減ることで膝関節が変形したり磨耗して痛みが出る病気です。50代以降の女性に多く見られる症状です。

スポンサードリンク


変形性膝関節の症状

『初期症状』

・膝の違和感を感じる
・変形性膝関節の初期症状である「膝の違和感」が出ても、それ以上進行しない方もいます

『中期症状』

・はっきりとした膝の痛み
・膝が思うように動かない
・正座などの姿勢が苦痛である
・階段の昇り降りが苦痛である
・膝に腫れが出る
・膝がむくんでいる
・膝に水が溜まって張りが出る
・膝に負荷がかかると「こりこり」といったような音がする

『末期症状』

・痛みがかなりひどくなり、日常生活に支障をきたすようになります
・関節が明らかに変形していることが見てとれます
・痛みの為に外出する機会が無くなり、高齢者においてはうつ状態に陥る人もいます


すり減った関節は回復しない

変形性膝関節症の原因は加齢だけではなく、肥満やスポーツによる膝への負担も挙げられます。また、O脚や足に大きな負担を与えるハイヒールやサイズの合わない靴も原因となります。

上記のような原因により、すり減った関節は健康時の関節にまで回復することはありません。

治療に時間もかかり、場合によっては外科的療法を行わなければならないケースもありますので、まずは膝に負担を与えない生活をすることが肝要です。

スポンサードリンク


copyright©2010  膝の痛み-原因・症状・治療法ガイド  All Rights Reserved |リンク・お問い合わせ・免責