膝の痛み-原因・症状・治療法ガイドリンク・お問い合わせ・免責サイトマップ


登山の時に膝が痛くなる人は多い

膝の痛み 登山の時に膝が痛くなる人が多いと耳にします。
これは膝関節に大きな負担をかける為。

上りより下山する時の方が膝への負担は大きくなります。

スポンサードリンク


登山を始める前に
登山を始める、もしくは登山をしていて膝に痛みが出ている人は、下肢の筋肉・特に膝のまわりの筋肉を鍛えることを始めましょう。

筋肉を鍛えることで膝関節への負担が減るので、痛みの増加を抑えることができます。


最も多いのは「変形性膝関節炎」

日本人の80%以上の方に見られる膝の痛み。
いわゆる関節痛です。

特に現在は中高年の方の中に登山を楽しむ人が増えていますから、登山をきっかけに膝に負担がかかって痛みを感じている方が多いと推測されます。

関節痛の原因で一番多いのが「変形性膝関節炎」。
クッションの代わりになっていた軟骨が磨耗して炎症し、そして痛みが出るようになる症状です。

もしあなたが変形性膝関節炎を発症していた場合、症状の段階にもよるのですが、痛みで普通の歩行さえ困難になってしまいます。膝に負担がかかる登山など問題外になってしまいます。

しかも骨の成長期は20才くらいで成長期を終えてしまっています。
ですからもちろん、長年の酷使で磨耗してしまっている骨は元通りに修復することはありません。


サプリメントも有効に活用
上記の状態を改善できるのが、グルコサミンやコンドロイチンといった成分の入った膝の痛みに効くサプリメント

グルコサミンやコンドロイチンには細胞間の栄養の受け渡しをスムーズにしたり、関節の保護をしてくれる作用があるため、関節痛の改善に使用されています。

これらは栄養補助食品であるサプリメントとして販売されていますので、信頼できるメーカーのものを選んで購入するといいでしょう。

こうやって関節に良い成分を摂取しながら、自分のペースで筋肉を鍛えていくと登山を難なく楽しむことができるようになります。

スポンサードリンク


copyright©2010  膝の痛み-原因・症状・治療法ガイド  All Rights Reserved |リンク・お問い合わせ・免責